入院案内

  • 入院が決まりましたら、1階の受付窓口職員にお話しください。入院案内をさせていただきます。その際に必要な書類をお渡しいたしますので、3日以内にご提出いただくようお願い申し上げます。
  • 院内に売店はございませんが、入院生活に必要な物品やおむつなどの一部については、病院内でご購入いただけるものもございます。詳細に関しては、入院時にご説明いたします。

入院会計

  • 療報酬規定に従ってご請求させていただきます。医療費に関する各種制度をご利用の際には、証書を窓口へご提出ください。ご不明な点がございましたら、会計窓口の職員または医療相談室までお声がけください。
  • 入院診療費は毎月末日までの分をまとめ、ご請求させていただきます。請求書の発行までには少々お日にちを頂戴いたしますので、準備が整い次第、書面をもって各病室にお知らせいたします。

入院生活について

  • 当院は完全看護です。患者さまの希望によってご家族さまが夜間付き添われる場合は、事前に病棟看護師にお話しください。
  • 床頭台には鍵付きの保管庫がございます。鍵の管理は患者さまご自身で行ってください。また、盗難防止のため、多額の現金や貴重品はお持ちにならないようお願い申し上げます。なお、盗難にあわれましても当院では補償はいたしかねます。
  • 病室にはテレビ、冷蔵庫、衣装ケース、洗面所の用意がございます。テレビと冷蔵庫の利用の際にはテレビカード(1枚1,000円)が必要です。デイルームに設置している販売機をご利用ください。
  • お部屋は4人部屋、2人部屋、個室に分かれています。希望のお部屋がございましたら、病棟看護師へお申し付けください。なお、病状によってお部屋の変更をご提案させていただく場合もございますので、予めご了承ください。2人部屋、個室の設備と料金は以下の通りになります。
4人部屋 お部屋代はかかりません
2人部屋 1日につき1,542円
個  室 1日につき4,113円(トイレ、シャワー付き)
  • コイン式洗濯機と乾燥機を2階に設置しています。また、お洗濯に関しては外部のサービスを利用することができます。別途契約が必要となりますので、利用を希望される場合は入院時に受付職員又は病棟看護師へお申し付けください。

面会について

【面会時間】 午前11時~午後7時

  • 面会の方は受付で面会申込書をご記入し、「面会カード」をお受け取りください。「面会カード」をお持ちでない場合は病棟への立入りをお断りすることがございます。
  • 感染予防のため病室への出入りの際は、備え付けのアルコール消毒薬で手指の消毒を行なってください。また、インフルエンザ等感染症の流行期には、マスクの着用をお願いすることもございます。
  • 病状または患者様のご都合により面会をお断りすることがございます。
  • HCU(高度治療室)にご入院中の患者様への面会はご遠慮頂く場合がございます。
  • 治療の妨げになる可能性がございますので、お見舞いとして飲食物の持ち込みは原則としてご遠慮ください。
  • 他の患者様の安静や診療の妨げにならないよう、小さなお子様や一度に大勢での病室への立入りは、ご遠慮頂きますようお願い致します。
  • 防犯上の理由から、面会の方からのお見舞金等は当院では一切お預かりしておりません。また、多額の現金はお持ちにならないようお願い致します。

リハビリテーション部門

  •  常勤のリハビリスタッフが患者さまひとりひとりに合ったプログラムでリハビリテーションを行っております。身体機能の改善・向上はもちろん、患者さまの社会背景の把握しながら、実生活を想定したリハビリテーションの提供に努めます。

栄養相談のご案内

患者さまやご家族、調理担当のかたなどを対象に食事療法の必要性や方法などについて管理栄養士がご相談に応じます。

  • 入院栄養指導
    入院患者さまが退院後の食事療法を継続できるようにサポートします。
  • 外来栄養指導
    食生活をおたずねし改善点を一緒に考えます。
    病気と食事の関りについて説明し実践可能な方法をご提案します。

相談日 平日9時から16時 所要時間30分程度

ご希望の方は担当医にご相談ください

入院中のお食事
  • 食事の種類
    一般食 常食、軟食、分粥食、流動食、特別食 糖尿病食、心臓病食、肝臓病食、腎臓病食、胃潰瘍食など
    その他 嚥下食、アレルギー食、食欲のない方などへの個別対応も行っています。
  • 適時適温サービス
    温冷配膳車を使用し適時適温で患者さまに食事を提供しています。
  • 食事時間
    朝食:8時 昼食:12時 夕食:18時
  • 行事食
    入院中においても季節感を感じていただけるよう毎月1回実施しています。

行事食イメージ

嚥下食イメージ

医療相談室のご案内

病気になると、今までには考えもしなかった悩みや困りごとがたくさん出てくることと思います。
当院ではそのような患者さま、ご家族さまからの様々なご相談を専門にお受けする医療ソーシャルワーカーがおり、社会福祉の立場から、ご相談者さまと共に問題解決までのお手伝いをさせていただきます。
プライバシーに配慮した個室の相談室もありますが、ご希望があれば直接お部屋にお伺いいたします。お電話でも構いません。秘密は必ずお守りいたします。もちろん料金は一切かかりません。
どのようなことでも結構です。お困りのことがございましたら、医療ソーシャルワーカーへお声掛け下さい。いつでもお待ちしています。

医療相談室は1階自動販売機コーナーの隣にございます
医療相談室 医療ソーシャルワーカー
千葉 紗希(社会福祉士)

地域包括ケア病床のご案内

地域包括ケア病床のご案内

「地域包括ケア病床」とは、入院治療後、病状が安定した患者さんに対して、在宅や介護施設で安心して生活できるようにするための退院支援やリハビリを中心に行う「在宅復帰を支援するための病床」です。

入院をするとお体のことはもちろん、今後の生活に対しての不安が多く出てきてしまいます。当院の地域包括ケア病床は、入院初期の集中的な治療がひと段落した患者さまに対し、社会復帰に向けたリハビリテーションや社会福祉制度の利用調整を行う、言わば『生活の準備をする』ための病床です。
入院中は医師、看護師はもちろん、様々なスタッフが患者さまの療養にかかわりを持ちます。そのうえで、傷の手当の方法や食事の提供方法、お薬の管理方法など、患者さまの生活に必要だと考えられることに関しては、スタッフが患者さまやご家族さまへご指導させていただくこともございます。また、退院後に再度健康状態に不安が生じた場合には、いつでもお受け入れが可能です。
病気とお付き合いをしながらでも安心してご自宅や地域で生活が継続できるよう、スタッフ一同でサポートさせていただきます。
地域包括ケア病床へのお問い合わせに関しては地域連携室までどうぞお尋ねください。

 

お気軽にお問い合わせください。0191-23-2020受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。